成人式の振袖はどうする?保管?買取?

日本の伝統である着物は、和の美しさを表現しています。繊細な色彩、縁起の良い柄、普段に着るものから結婚式のような特別な日に着るものまで。着物は日本人にとって特別な衣装です。

その中でも成人式に着る振袖は、娘時代に着る着物で結婚後は着ないというしきたりがあります。未婚であれば結納や結婚式でも着られますが、成人式で着るという方が多いかもしれません。振袖を着て臨む成人式は、大人の女性となるための儀式でもあります。

私が着た振袖は母が成人式で着たもの。それどころか、四人姉妹である母の姉妹が着た上に、一つ年上のイトコが着て、私が着てさらに下のイトコも着ました。最初は現代の感性に合わせた新しい柄を着る女子が羨ましく思え、レンタルか新しいものを欲しいとまで考えていました。

一生の思い出とは言え着物は大きな買い物です。とてもぽんと買える額ではありません。一つ年上のイトコが母や叔母が着た振袖を着たことで、私も観念して着ることにしました。母と叔母が着た振袖は祖母が縫った振袖です。祖母が若い時、仕事で着物を縫う仕事をしていたので娘である母たちのために振袖を縫いました。

この振袖を着て写真館で撮影した写真を祖母に送ったことで、私は母が着た振袖を着て本当に良かったと思いました。祖母が喜んだのは言うまではありません。叔母たちも喜んでくれましたし、私自身、伝統を受け継いだかのような気持ちになったからです。振袖を着てから十年以上が経ちました。

もう、振袖を着ることはないでしょう。イトコたちも成人してしまい、あの振袖がどうなるのかはわかりません。私の住んでいる地域では振袖を着た女性が多くいますが、やっぱり着ないで成人式に出席する方もいます。母や叔母、私はイトコが着た振袖がまた誰かの手にわたって、古いなと思いながらも着てもらえたら嬉しいと思います。もしダメなら売るのも良いかなと。(札幌市で着物買取業者をまとめたサイトを見つけました⇒着物買取札幌市

朝早く起きて美容院や写真館でメイクと着付け、ヘアセットまでしてもらいますが本当に大変でした。もう一度着たいとは思えませんが、振袖を着た自分をもう一度体験したいと考えることもあります。着物は日本の伝統であり日本女性を美しく見せる衣装です。流行ることはなくても廃れることなく、次世代へ受け継がれていけば良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です